読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

ブログを始めようか迷っている人へ

ブログを薦める理由

 この件については、散々他のブロガーさんも言及されていることなので耳にタコかもしれませんが、たまたまこのブログを見に来てくれた方が、ちょっとでも考えてもらえるきっかけになればと思い、あえて載せます。

 ブログって、例えるならばネット上における自宅の庭(庭というのがポイント)なんですよね。

 例えば、ガーデニングが趣味の方は、花々などを植えてきれいにしていると思いますが、どんなにきれいにしていても、それを見られるのは身内や近所の人だけです。

 でもその趣味をブログで発信すれば、それこそ日本中の人に見てもらうことができて、同じような趣味の人から「きれいですね」とコメントをもらったり、「参考になりました」って感謝されたりするかもしれないですよ。

 最初に庭を例にあげてしまい、わかりにくかったかもしれないので、他にも例をあげておきます。

育児中のママさんなら

「今日、子どもがこんなことができた!」
「子どもが今日はぐずってばかりだったなぁ」


学生さんなら

「今日の授業わからなかったな。今度のテスト大丈夫かな」


社会人なら

「入社したばかりで、この先ちゃんと仕事やっていけるのだろうか心配だ」

 こんな感じで、その時々に「思ったこと、感じたことの気持ち」を書いておくんですよ。

 こういうのをtwitterでつぶやくのもいいけど、twitterだと自分の想いの全部を書けないじゃないですか。

 ブログの方がより状況を詳しく書けて、後になって昔書いた記事を読み直したときに「あー、そういえば、こんなことで悩んでたっけなぁ。なつかしいなぁ」って、気持ちになれると思いますよ。

 #ただ、ブログで問いかけのような事を書いたとして、それに対する他の人からのコメントは
 #あまり期待しない方がいいです。だって、コメントがつかなかった時にへこむから。
 #それの対処(というかブログに対する考え方)は次の項目で書きます。

 「自分の趣味をいろんな人に見てもらいたい、情報発信したい」という人はもちろんのこと、「自分の人生の思い出を記録として残しておきたい」という気持ちが少しでもあるならば、ブログを始めてみてはどうでしょうか?

 こちらから情報発信することによって、逆に相手から情報を得られることもあって、今までよりも知識が広がって、より楽しくなると思いますよ。

自分のためにブログを書く

 それじゃブログを始めてみようかと思って「ブログの書き方」とかで検索すると、やたらハイレベルな情報が出てくると思います。でも、それはそれ。ブログは自分の庭なので、まずは自分の好きなようにすればいいんです。

 そのうち、いろんなブログを見るようになるので、それらのブログでいいところがあったら真似をすればいいし、もしやり方がわからなければ、そのブログ主にどうやっているのか尋ねることによって、意外な交流が生まれるかもしれません。

 あと、何を書こうか迷ったときは、これを思い出してください。

「見たことも、会った事もない人のためにブログを書くのではなく、自分のために書く」

 ともすれば自己中心的な言葉で、語弊があるかもしれませんが、これ基本です。
 なぜかというと、

  • (先ほども書きましたが)自分の人生の思い出を記録として残しておく
  • 読む、読まないを決めるのは「読む側」であって「書く側」ではない
  • 他人のために書くのではないのでブログにコメントがつかなくても、へこまない(笑)

 ネットにはいろんなレベルの人がいて、その道の達人もいれば、まったくの素人もいて、それらの人みんなが満足するようなブログなんて書けるわけがないんです。

 でも一つだけ明確な基準がある。それが「自分のために書く」こと。

 「こんなこと書いても誰も読まないよな」なんて他人を気にすることはないんです。
 読む、読まないを決めるのはあくまでも読む側。達人は読まないけど、素人は読むんですよ。

 だから、まず自分が書きたいことをそのまま書く。それで十分です。

 ただし対象個人を特定できてしまうようなことや、誹謗中傷に当たることを書いては絶対ダメです。あくまでも公序良俗の範疇で書きましょう。

 他人に合わせる必要はなく、自分のために自分だけのブログを書く。

 それがひいては、あなたにしか書けない世界で一つだけのブログになるんです。

 そう考えるとブログを始めたくなりませんか?

 

【関連記事】

 


 

【あとがき(13/5/23追記)】

 「みんなに本当にありがとう」エントリの補足です。

 自分にとってブログとは、本当に自分自身を変えるきっかけを作ってくれた、とても大きな存在です。

 ブログで自分の悪いところ、弱いところを全部さらけ出したことによって、初めて自分自身と向き合うことができ、本当に自分自身が変わることができました。

 ブログを始める前は、ブログごときで自分がこんなに変わるとは思っていなかった(笑)

 もし自分がブログを始めていなかったら、冗談抜きに、今この世に「いなかった」かもしれないですね。まさに命の恩人と言ってもいいくらいです。

 もっとも自分の場合は極端な例ですが、ブログにはこういう効能もある例として、もしちょっとでもご興味を持っていただけたのであれば「適応障害」カテゴリーをご覧いただけると幸いです。

広告を非表示にする

↑ページトップへ