たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

みんなに本当にありがとう

自分は内弁慶に外地蔵だった

 まず、前回のエントリで「利害関係がない相手とは、まったく普通に振舞うことができた」と書いたが、それに対して補足しておきたい。

 「自分はわがままで自分の思い通りにならないと気が済まない」のだが、そんな自分でも唯一わがままがでない相手がいた。

 それが利害関係がない(もっと正確に言うと付き合いがあまりない)相手だった。例えば、近所の人や、店の店員さん、同じ職場でも自分とは違う部署でたまにしか交流がない人なんかがそうだ。

 そういった人に対しては、むしろこちらから気を使って相手のために動いたり、自分に対して何かしてもらった時は、やたら感謝したりしていたので、相手からすれば「とてもいい人」にしか見えなかったと思う。

 なぜ、そういった人たちにはわがままがでなかったのか?理由はとても簡単だ。

 (大変失礼な言い方になるが)自分の思い通りにならない相手だからだ。
 自分がわがままを言っても通らないとわかっているから、そういう相手に対してだけはわがままがでなかった。

 それに対して、自分の両親、妻など身近な存在で、言えばなんでも言うことを聞いてくれる(と思っている)相手に対してだけ、わがままがでた。
 まさに内弁慶に外地蔵そのものだった。

 ここで、もう一つ補足しておきたい。
 前回のエントリで、「友達や同僚に対してもわがままがでていた」と書いたが、身内でないにも関わらず、なぜわがままがでたのか?これにも理由がある。

 友達や同僚と付き合いが長くなると、ある程度こちらの言い分も通るようになるのはわかると思う。
 だから最初は地蔵のようにおとなしくとも、付き合いが長くなってくると、とたんに弁慶状態になっていた。

 とにかく自分は「内弁慶に外地蔵」だった。
 

人として尊敬されない自分

 最初に「人として尊敬できない」と言ってくれたのは、妻だった。

 自分勝手で、わがままで、人に対して感謝の気持ちすら持たず、やってもらうのが当たり前と思っている。
 そんな自分だったのだから当然だ。
 誰がそんな人間に対して尊敬なぞするものか。

 しかし、内弁慶状態だった自分は、そんな言葉にはまったく聞く耳を持たなかった。
 それどころか、あろうことかストレスのはけ口にまでしてしまった。

 下手をすれば(こんなことを自分が書くべきではないが)妻に自殺されててもおかしくなかった。
 そこまで妻を精神的に追い詰めてしまっていた。
 
 妻は強い。自分なんかよりもずっと。

 情けないことに、自分がこんな状態になってやっと、当時の妻がとても強かったことを心の底から理解することができた。

自分にとっては必要な通り道だった

 今なら、なぜ妻から「人として尊敬できない」と言われたのか、十分にわかる。

 ここにたどり着くまでに、みんなにたくさん迷惑をかけ、大きな犠牲を払い、結果的にものすごく遠回りをしてしまった。

 でも自分にとっては必要な通り道だった。この道を通ってきたからこそ、やっと自分が変われたのだから。

みんなに本当にありがとう

 ブログを始める前までは、誰が見ているかわからないネット上に個人的な事情を晒すなんて考えもしなかった。ましてや、自分の悪いところ、弱いところを晒すなんて、到底ありえないと思っていた。

 でもブログによって自分を変えたいのエントリあたりから、確実にブログに対する考えが変わってきて、
 ブログになら自分の気持ちを書ける理由以降は、自分の悪いところ、弱いところを全部さらけ出せるようになった。

 そのおかげで、自分と本当に向き合い見つめなおすことができて、自分がここまで変わることができた。



 最初は、単なる気分転換的な感じで始めたブログだったが、こんなにまで自分が変わるきっかけを作ってくれるとは、夢にも思っていなかった。

 カウンセリングの先生のほんの一言がなかったら、ブログは始めていなかった。

 ブログを始めてから、初めて自分と本当に向き合い見つめなおすことができて、自分がここまで変わることができた。

 ブログのコメントで、b_nenkoさんからの励ましもすごくうれしかった。

 そして、こんなにだめな人間である自分であることを最初に指摘してくれた、唯一の大切な家族である妻へ。
 あの時、気づいてあげられなくてごめんな。そして、気づくきっかけを作ってくれたことに感謝するよ。

 今なら心の底から言える。

 みんなに本当にありがとう。


広告を非表示にする

↑ページトップへ