たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

巫女のMさん(中編1)


オカルト】【カミカゼエース先輩シリーズ巫女のMさん(前編)の続きです。


 あとは妹のMさんを待つだけなのだが、待ち合わせ時間を過ぎてもMさんは来なかった。
 もっとも実家から市内中心部に出てくるのに、交通機関を乗り継いでくる必要があるから、時間がかかっているのかもしれない。

 そして待ち合わせ時間から20分ほど経った時に、突然「うーっす」と声をかけてきた女性がいた。
 するとKさんが呆れた顔をして、その女性に向かってこう言った。

「遅いじゃない。いつも時間は守るように、と言ってるでしょう」

「しゃーねーじゃん。ちょっとヤボ用があったんだからさ。ちょっとばかし遅れたぐれーでイチイチうるせーなぁ」

 Kさんが話をしている人はどうやらMさん? らしいが、見た目はまんまコギャル!? えっ!?

「あ、あの、もしかして妹さんです?」

「あ、はい。私の妹のMです。ほら、みなさんに挨拶しなさい」

「ちーっす。なんかいつも姉ちゃんが世話になってるみたいで、すんませんね」

 ちょ、姉妹のギャップありすぎ! 一応巫女タンなんだろ? 神に仕える身だよな? Kさんには悪いけど、なんかの間違いなんじゃ?

「あの、確かご実家で巫女さんをされてるって話でしたよね?」

「そうだけど、なんか文句あんの?」

 やばい。巫女タンイメージ崩壊の危機! 気をしっかり持つんだ自分!

「あ、いえ、なんか巫女さんって、いいイメージだなぁって思っていたんで」

 実際は見た目まんまコギャルでどう見ても巫女タンのイメージとはかけ離れた相手に対し、かなりのお世辞を言わせていただきました。

「そう? アタシにとっちゃ一日中座って参拝客の相手したり、境内の掃除したり、めんどくさいことばっかだけどさ」

「ははは……。それは大変ですね……」

 その後、小声でS先輩に聞いた。

「S先輩。Mさんってああいう人だって知ってたんですか?」

「あ、いや、実はオレも知らなかったんで、ちょっと面食らってる」

 やっぱりそうか。どうりでKさんもあまりMさんのことを喋りたがらなかったわけだ。それはともかく。

「まぁ、こんなところで話してるのも何ですし、さっそく居酒屋に入りますか」


 巫女のMさん(中編2)に続きます。

広告を非表示にする

↑ページトップへ