読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

竹シーツの個人的感想を語ってみる

 竹シーツは自分も持ってて夏場はもちろん使っているんだけど、竹シーツを実際に使ってみて「竹シーツを快適に使える人と、使えない人がいるんじゃない?」と感じたのね。今回はこれについて語ってみる。

 ただ、この感じ方については個人差があると思うので、あくまでも「自分の個人的感想」ということで、参考程度にお願いします。


 まず個人的感想として、結論からいうと
 「寝る時に汗をかくか、かかないかで、竹シーツの快適度合いが変わってくる
 と思う。


 言い方を変えると

 竹シーツを快適に使える人
  寝る時にエアコンをかけて寝るなどして、一晩中あまり汗をかかないで済むような環境で寝られる人

 竹シーツを快適に使えない人
  エアコンがないか、使わないで寝て、どうしても寝ている時に汗をかいてしまうような環境で寝る人

 自分が実際に竹シーツを使ってみて、このように感じた。ちなみに自分は後者ね。


 それで、その理由なんだけど、
 「汗ばんだ肌で直接竹シーツに触れると、すごくべたついて不快だから
 なんですよ。

 これを不快に感じるのって、自分だけかなぁ?




 ここからは自分が竹シーツを使った時の体験談です。

 まず話の前置きとして書いておくと、自分の寝室にはエアコンがついてません。
 だから暑いときはできるだけ涼しい服装ということで、タンクトップにハーフパンツ姿で寝てる。

 そして寝る時は扇風機をかけて寝るんだけど、それでも(特に熱帯夜ならなおさら)暑くて汗をかいてしまうんだよね。

 そんな時に直接竹シーツの上に寝てると、寝返りをうつ度に汗ばんだ肌と竹シーツとが触れて、すごくべたついて不快に感じるのよ。

 それが嫌なので、本来は竹シーツの上に直接寝るところを、自分は竹シーツの上にシーツかけて寝てる。
 だから竹シーツの本来の涼感というものを全然味わうことができない(笑)

 でも、布団とシーツの間に、竹シーツがあることによって少しでも隙間ができてくれるから、通気性には一役買ってくれていると思ってて、それが唯一竹シーツ使ってる理由かなぁって感じです。




 竹シーツって、汗をかく前は肌触りがすごくさらっとしてて快適なのは、自分でもわかるんですよ。
 だからこそ汗ばんだ肌が竹シーツに触れた時のベタベタ感が、より一層不快に感じるんだよね。

 竹シーツと肌が直接触れる面積が広ければ広いほど、不快に感じる度合いが強まるので、自分の寝る時の服装が悪いってのもあるとは思うけどね。

 だから
 「寝る時に汗をかくか、かかないかで、竹シーツの快適度合いが変わってくる
 という結論に至ったわけです。


 最後に一応フォローしておくと、決して「エアコン使って寝る人以外は竹シーツ使うな」ってことじゃないですよ。

 さっきも書いたとおり、この「不快に感じる度合い」は寝るときの服装の違いなどで個人差があると思うし、ここに書いたのはあくまでも自分の個人的感想で、決して竹シーツの存在を否定しているわけではないですからね。


 えっと、つまり何を言いたいかというとですね。
 これ読んだからといって、怒らないでね(´・ω・`)

 #いや、竹シーツを気に入って使っている人が、これ読んだら怒るかな?って思ったからさ。


広告を非表示にする

↑ページトップへ