たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

見守る物、前に進む者

f:id:BNorider:20130520150846j:plain
PowerShot G5 RAWモノクロ現像
 この写真は、いつかは撮ろうと思っていた写真だ。と言っても別に深い意味はない。
 単に、今までは撮ってもこの写真の使い道がなかったから撮らなかっただけだ。

 でも今は「ブログ」という場が出来たので、何年越しかでやっと撮ることができた。そんなブログにちょっと感謝だな。

見守る物

 大樹のそばに、今にも朽ち果てそうな軽トラックが止まっている。外見のボロボロさが相当長い年月を経ていることを証明している。

 個人的には、この寂れた感じがすごく好きで、以前からずっと気になっていた。

 いつからここに止めてあるのだろう?
 誰が何の理由でここに置いたのだろう?

 このそばを通る度に、そんな想いを巡らせていた。

 晴れの日も、雨の日も、はたまた雪の日も、ずっとそこから動くことなく、ただひたすら移り行く風景を見守っている。

 いつかは本当に朽ち果ててなくなってしまうのかもしれないが、それまでは今までずっとそうしてきたように、
 大樹のそばで、これからも静かに風景を、あるいは自分の行く末を見守っていくことだろう。

前に進む者

 話は変わるが、この写真のそばには仙台東部道路という高速道路が南北に通っていて、その所々には道路を東西に抜けるためのトンネルが設けられている。

 この写真を撮った帰り、田んぼのど真ん中にあった、そのトンネルからなにやら楽器の音が聞こえてきた。
 なんだろうと思って近づいてみると、サクソフォンの練習をしている人がいた。

 周りが全て田んぼで民家が1軒もなく人もめったに通らないため、トンネルの中は遠慮なく練習できる格好の場所なのだろう。
 ここで何時間くらい練習しているのだろうか。とにかく楽譜を見ながら一生懸命サクソフォンを吹き続けていた。

 その人の目標が何なのかは知る由もないが、これからもずっとひたすら練習を重ねて、一歩一歩自分の目標に向かって前に進み続けていくことだろう。




 じっとその場で見守る物、ひたすら前に進む者。

 発音は同じモノでも、立場も向かう先もまったく異なる1台と1人。今日一番印象に残った「いいこと」だった。


【タグ】

[PHOTO]

広告を非表示にする

↑ページトップへ