読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

「シ」と「チ」の発音のときだけアホになります orz

8/6(火)入院6日目終了:まじめな話をしている時に笑いを堪える方法を教えてください・・・。

 今日の午前中の診察では、治療上の進展はなかった。

 傷口の絆創膏を、新しいものに貼り替えただけで終わり。


 上唇の傷の痛みもすっかりとれ、もう触っても全然痛くなく、普通に笑っても大丈夫なくらいまで復活していたので、
 本当のところを言うと、そろそろ口の中の縫ったところを抜糸して欲しかった。

 というのも、まず抜糸しないことには退院には程遠いと思ったからだ。

 まぁ、そんなことを言っても、無理なものは無理だよな。


 出来ることなら1日でも早く退院したいものだ。




 それはさておき、以前から度々書いているが、前歯がないため上手に喋られない件で、さっそく問題が出てきた。


 問題が出たのは、想定していたとおり、電話で会話している時。

 でも「発音が悪いため相手に伝わりづらい」というのは杞憂であることがわかった。

 それよりも、今日実際に電話で会話してみて、もっと切実な問題があることが判明した。


 それは
「自分のあまりの”喋りの変さ”っぷりに、自分自身が思わず電話口でふきだしそうになる」
 ことだった。orz


 おいおい、勘弁してくれよ。

 そっち方面からの攻めは、まったくノーガードだったってば。

 そのまさかの変化球攻めに「そっちからタマ飛んでくるかい!」と自分自身に突っ込みそうになったよ。




 事の経緯はこう。

 今回の入院に関して保険会社に入院給付金の申請をするため、自分が電話したのだが、
 その際に自分の住所や生年月日などを口頭で伝える必要があった。


 自分の発音が悪いことは承知の上だったので、できるだけ正確に発音しようと意識したまでは良かったのだが、
 そうやって意識しても、どうしても喋りが変になる。


 自分の場合は「シ」と「チ」が言いにくく、どうしてもそれらが「ヒ」と「ティ」に近い発音になってしまう。

 しかも「シ」と「チ」以外は、まったく普通で、それらの発音の時だけ変。


 あぁ、これを例えて言うならあれだ。

 ナベアツのお笑いネタで「3の倍数と3が付く数字のときだけアホになります

 ってやつに、すごく似てる。

 つか、まんまそれ。


 まさに「シ」と「チ」の発音のときだけアホになります状態。orz


 発音するのに意識を集中しているが故に「シ」と「チ」の時だけ突然発音が変になるのが、なおさら気になってしまって

 「あ、なんか自分、今まじめな話してんのに、こんなヘンテコな喋りしてら(笑)」

 と、つい心の中で思ってしまい、あやうくふきだしそうになった。


 すんでのところで、ふきだすのを抑える事が出来たが、冗談抜きにやばかった(汗

 その時のヘンテコさを思い出すと、実は今でもふきだしそうになるくらいなんだよね。


 もっとも、同じ電話でも、今回のように自分の発音を意識したからこそ、自分のヘンテコな喋りが気になったのであって、
 そうでない普通の会話(身内との会話など)なら問題ないんだけどね。

 こんなんじゃ、この先が思いやられるよ・・・。


広告を非表示にする

↑ページトップへ