たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

自分のブログネタの使いまわしですまないが・・・

今週のお題「私のお父さん」

 そうか。今週のお題ってこれだったんだね。気づかないで、自分のブログネタにしちゃったよ。こんなことなら最初からこっちに投稿しときゃ良かったな。

 そのネタというのは、自分の地元ローカル番組の中の視聴者からの投稿話として紹介されていたもので、自分の話でも、自分の父親の話でもないんだけど、個人的にはすごくいい話だと思ったので紹介させてください。
 たまにはこういうのでもいいよね?

 その内容を簡単に説明すると、ある家族の父親と思春期の娘さんとの話なんだけど、ありがちなことにお互い仲があまりよろしくない。
 でも父親としては、いくら普段は仲がよくない娘といえども父の日くらいは何かをしてくれるだろうと期待して、わざとその娘さんのそばで「もうすぐ父の日だなぁ」と独り言を言ったらしいんですよ。

 そうしたら娘さんがそっけなく「もう既に最高の父の日のプレゼントしてあるでしょ」と言ったらしいんです。

 さぁ、そこで、問題です!

 その最高の父の日のプレゼントとはなんでしょうか?
 
 答えはこちら「父親にとって最高の父の日のプレゼント - たまには部屋をかたづけようよ」で!


 といいたいところだけど、もったいぶらずに答えを書きますが・・・。
 って、いやいや正直な話、そのリンク先のエントリ記事せっかく書いたんだし、そっちを見てもらった方が、こちらとしてかなりありがたいのは確かですよ(笑)
 ただ、ここでネタバレしてるから、今さら見てもまったく意味ねぇですけど・・・ orz
 ネタバレしたくない人は、この先読まないでね(はぁと)




 まぁ、ここからネタバレです・・・。

 その娘さんが産まれた日が、その年の父の日だったそうなんです。
 看護師さんに「父の日に最高のプレゼントもらいましたね」と言われたことを、娘さんに話したことがあったそうで、娘さんはそれのことを言ったようなんです。

 その父親としては、そんな返し方されたら父の日なんてもう期待できないだろうから、さぞかしがっかりしただろうなぁ、と思いつつ
 自分としては、確かにこれは「父親にとって最高の父の日のプレゼント」だよなぁと、うらやましく思ったという話でした。

 こんな他人様のネタでしたが、満足してもらえました?


広告を非表示にする

↑ページトップへ