たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

確実に精神状態が改善されてきている

周りを見る余裕ができた

 今日は自転車でスーパーに買い物に出かけたのだけど、以前より確実に変わったなと実感できることがあった。それは、

 「周りを見る余裕ができたこと

 以前は、外にいると「」と会ってしまうので、出来る限り外にいる時間を少なくするよう1分1秒でも早く店に着いて、買い物が終わればとっとと帰ってくるというのが普通だった。

 ちなみにここで言っている「」というのは知り合いという意味ではない。近所の人でも何でも、とにかく他人の姿を見ること自体が嫌だった。

 「まったく他人に関心がなかった」というのは以前のエントリに書いたが、その延長上で「他人はみんな敵」とも思っていた時期があった。

 だから家の中にいても、窓から外を歩いている人を見ただけで、「何かうちに悪さをするんじゃないだろうな」という被害妄想すら抱いて、いつも不快な気分になっていた。

 とにかく、ひどい精神状態だった。

時間を気にしなくなった

 でも、最近は確実にそういった精神状態が改善されてきている。他人の目が気にならなくなったことに加え、時間を気にすることもなくなってきた。

 ちょうど今だと道端に花が咲いていたり、新緑がきれいだったり、そういった季節の移り変わりというのを楽しめる時期なわけだけど、以前はそんなものに興味を持つ余裕はまったくなかった。

 でも今日は行く先々でツツジや芝桜が咲いているのを見つけて、わざわざ自転車をとめて写真を撮ったりする気持の余裕があった(ちなみにその写真は「道路脇のツツジがきれいだったよ」でアップしてます)。

 その結果、店に到着するまでに以前の倍くらい時間がかかったけど、特に気にならなかった。
 以前は、たった1分そこらの信号待ちですらイライラするくらい時間に対する気持の余裕がなかったので、とても信じられないくらいの改善をみせている。

まずは焦らず行こう

 でも、これらの効果は、やはり薬(リボトリール)によるものが大きいと思う。それだけ自分には効果があったという反面、なかなか断薬することが難しいと思われ(精神薬は全てそうなのだろうが)、かなり長期にわたって飲み続ける必要があるのだろうな。

 今は調子が良いと言ってもまだ2週間しか経っていない状態で、そんな短期間で直るようなものではない。とにかく今は焦らず休養を大事にしようと思う。

 

【同カテゴリー記事】

広告を非表示にする

↑ページトップへ