たまには部屋をかたづけようよ

部屋を片付けせなあかんと思いつついつも放置プレイ。そんな自分の日々の想いをつづった日記系ブログですよ?

最近書いた記事

朝霧に霞む風景

f:id:BNorider:20130514055142j:plain
PowerShot G5 RAWモノクロ現像

 ある日、起きてみたら外は100m先も見えないくらいの濃霧が出ていた。

 こんな濃霧が出るのはあまりなく『これはブログネタになる』と喜び勇んで写真を撮ってきたのがこれ。
 ちなみにカラーのままでも良かったのだろうけど、モノクロの方がより一層、霧の雰囲気が出てていい感じだと思わない?

続きを読む
広告を非表示にする

『人と出会う』ということ

f:id:BNorider:20130521102844j:plain
PowerShot G5 RAWモノクロ現像

 出会いとは、不思議なものだ。
 普通に過ごしていて、まったく接点がないのであれば、通常はお互いが出会うことは絶対にない。
 でも、たった一瞬、ほんのちょっとしたきっかけで、出会いというものが生まれる。

続きを読む
広告を非表示にする

子どもの頃の神社の思い出

f:id:BNorider:20130526163229j:plain
DMC-GF1 20mm RAW現像
 自分は、子どもの頃から神社の雰囲気が好きだった。

 同じ神社でも、神主さんが常駐しているような大きな神社よりも、参拝者があまりいない小さな神社の方が好きだった。
 たぶん子どもの頃から1人でいることに慣れていたため、無意識に人が少ないところを選んでいたのかもしれない。

続きを読む
広告を非表示にする

見守る物、前に進む者

f:id:BNorider:20130520150846j:plain
PowerShot G5 RAWモノクロ現像
 この写真は、いつかは撮ろうと思っていた写真だ。と言っても別に深い意味はない。
 単に、今までは撮ってもこの写真の使い道がなかったから撮らなかっただけだ。

 でも今は「ブログ」という場が出来たので、何年越しかでやっと撮ることができた。そんなブログにちょっと感謝だな。

続きを読む
広告を非表示にする

ブログ更新の頻度落とします

 自分は飽きっぽい性格をしているので、ブログも1日でも休んじゃったらやらなくなる*1という思いがあって、今までは『何でもいいから、とにかく毎日ブログを更新し続ける』ことをやってきました。

*1:過去に何度もそういうことを経験しているので

続きを読む
広告を非表示にする

巫女のMさん(後編)


オカルト】【カミカゼエース先輩シリーズ巫女のMさん(中編4)の続きです。


「ふあー。良く寝た。って、あれ? ここウチじゃないじゃん。そっか、飲みに来てたんだっけ?」

「あ、やっと起きてくれましたね。さっきはすみません。自分が店員さんに注文し間違えたせいで、ウーロン茶じゃなく、ウーロンハイをMさんに渡してしまったようです。すみませんでした」

「はっ? アタシはさっきお酒飲めないっつっただろ? なに人の話きーてんだよ?」

続きを読む
広告を非表示にする

巫女のMさん(中編4)


オカルト】【カミカゼエース先輩シリーズ巫女のMさん(中編3)の続きです。


「Kさん、Mさんは何のことを言ってるんですか?」

「あ、これは自分だけ霊感がないことを言っているんだと思います。以前、私の女系家族の中でMだけ霊感がないことはお話させていただきましたけど、Mはずっとそれをコンプレックスに思ってて、大人になるにつれその思いがより一層強くなったみたいで、それでグレたというわけでもないんでしょうけど、今はこんな格好して……。でも昔はすごく気が優しくて、素直でいい子だったんです。Mだけ霊感がないことはすごくかわいそうに思ってるんですけど、こればかりはどうしようもないから……」

続きを読む
広告を非表示にする

巫女のMさん(中編3)


オカルト】【カミカゼエース先輩シリーズ巫女のMさん(中編2)の続きです。


「で、さっきの話の続きなんだけどさ、今度いつ行くんよ?」

「あ、いや、今後はKさんのお婆さんから依頼がないとオカルトスポットには行けないから……。ところでKさん。お婆さんからの依頼って何か聞いてますか?」

続きを読む
広告を非表示にする

巫女のMさん(中編2)


オカルト】【カミカゼエース先輩シリーズ巫女のMさん(中編1)の続きです。


 店内に入ると4人用の個室に案内され、自分とS先輩、KさんとMさんがそれぞれ並んで座った。

「とりあえずビールでいいですよね? じゃ、生中4つで」

 自分が店員さんにそう言ったところ、Mさんが口を挟んだ。

「ちょいまち、アタシお酒飲めないんで、ウーロン茶にしてくれっかな?」

続きを読む
広告を非表示にする

巫女のMさん(中編1)


オカルト】【カミカゼエース先輩シリーズ巫女のMさん(前編)の続きです。


 あとは妹のMさんを待つだけなのだが、待ち合わせ時間を過ぎてもMさんは来なかった。
 もっとも実家から市内中心部に出てくるのに、交通機関を乗り継いでくる必要があるから、時間がかかっているのかもしれない。

 そして待ち合わせ時間から20分ほど経った時に、突然「うーっす」と声をかけてきた女性がいた。

続きを読む
広告を非表示にする

↑ページトップへ